カフェ・ド・グリルサザンクロス

カフェ・ド・グリル サザンクロス│鹿児島県曽於郡のカフェレストラン

メール会員登録

 

コンテンツ

HOME»  大隅半島おすすめの観光スポット「唐仁古墳群」

唐仁古墳群

大隅半島の歴史遺産【唐仁古墳群】

 

肝属川の河口に近い微高地にある132基の古墳群で
前方後円墳が4基あります。

中心となる1号墳は大塚古墳と呼ばれ、墳長140m、
濠まで含めて185m、高さ11mの大きさです。




周囲には周溝が廻らせてあり、後円部頂上を削平して
大塚神社が鎮座します。

後円部にある竪穴式石室は中が朱塗りで
舟型石棺が置かれていました。






 

大塚神社を建てたのは島津氏

 

古墳群の中でも最大の大塚古墳には後円部に神社があります。

建久2年(西暦1191年)島津忠久が入国する際に
先見を命じられた本田次郎貞親が
島津家の守護神として
大塚神社を送検したものといわれています。




神社に上がる階段はかなり勾配がきつく登りにくい・・
急な敵襲の際に一度に大勢が登れないようになっているのかも!!
と、その当時の歴史を想像させてくれます。

ちなみに
大塚神社付近には郷土研修館があり
古墳からの出土品などが展示されています。
 

卑弥呼伝説

 

 

各地に卑弥呼伝説はありますが
唐仁古墳群のなかにある「大塚古墳」も
邪馬台国歴代の墓地と見られ、そのなかに卑弥呼の墓も
あるという説があります。



もしかしたら・・・
島津は卑弥呼より上の存在だぞ!!
と古墳の上に神社を建てたのかもしれませんね(笑)






神社の廊下の下には
後円部にある竪穴式石室の天井石を見ることができます。








 

 

神武天皇伝説

 

 

さらに大塚古墳のある東串良町には
古墳群より海の方に向かって車を走らせると
神武天皇にまつわる案内があらわれます





神武天皇は、東串良でお生まれになり
後に大和地方平定のため
東串良の柏原の港より出航されたという言い伝えがあります。

柏原海岸松林内の戸柱神社には、記念碑が建立されています。




 

 

歴史グッズ

 

 

なんとも歴史的に面白い町です。
この東串良町には「きゅうぴーこふん」というピンバッチがあり
歴史とかわいさが調和した町です(笑)





 

 

庭付き古墳付き!?(笑)

 

 

唐仁古墳群の中にある集落では
マイホームに古墳付きという家が多数あります。




家に古墳を持ってるなんて
全国的にもユニークな場所ですね。


 

 

お問い合わせ先

 

東串良町社会教育課
TEL 0994-63-3131
      ↓

http://higashikushira.sakura.ne.jp/main/html/modules/pico/index.php?content_id=33



 

ちなみに

 

古墳とカタラーナの秘密
   ↓

 古墳スイーツ